英語を学ぶ方法は、オンライン英会話や英語テキストでの独学などがあります。安い教材を比較することも可能。

話題の英語教材から格安教材まで丸ごと比べられます。インターネットや英語で楽しみながら学ぼう!

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP英語教材の用語集た行

用語集 た行

た行

・直訳(ちょくやく)

直訳は、英文を一語一句、忠実に翻訳すること。

・通訳ガイド試験(通訳案内業試験)

国際観光振興機構が実施する、語学分野における国家試験。「通訳案内業試験」が正式名称。試験は、英語をはじめ、中国語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語など多岐に渡る。難易度が高度なのが特徴で、レベルとしては英検1級と同等。合格率は5〜10%程度。試験は年1回のみ。9月に1次試験、11月の2次試験がそれぞれ開催されている。

・通訳技能検定試験(通検)

プロ通訳者の登竜門。1973年に創設。全国区で通訳能力が試される資格試験で、合格率は非常に低く、一級が約1%。二級でも10%前後。ハイレベルの通訳能力が求められている。

・ディクテーション

音読された英語を聞き取り、ライティングを行う英語学習法の1つ。短文を反復し、用紙に書き取る方法で知られている。シャドウイングとは異なり、ディクテーションは、英文を紙に綴るのが特徴。リスニングと英単語のスペル、正確性が磨かれるため、中級者以上のレベルでなければ厳しい。

・TEP TEST

早稲田大学・ミシガン大学・テクニカルライティング検定試験のこと。TEP TESTは、科学・技術関連の実務能力の検定資格として知られ、1級〜4級の4段階にランクが分かれる。筆記試験と面接とがある。

・同時通訳

話し相手の発言をリスニングしながら同時に訳すこと。通訳の中でも難易度がトップクラスの技法。聞き取った後で訳すため、2、3秒遅れで和訳を話すことになる。

・TOEFL(トーフル)

英語を母国語としない外国人のための英語能力テスト。アメリカの教育機関(大学、大学院)への入学試験や講義レベルの英語力と一般常識が試される。Test of English as a Foreign Languageの略語。世界各国で実施されているメジャーな検定試験。

・TOEIC(トーイック)

Test of English for International Communicationの略。英語でのコミュニケーション能力や英会話スキルを評価するための試験。

・トライリンガル

3ヶ国以上の多言語を話せる人のこと。何1つ不自由することなく、多言語を使える人は極めて稀だと言われる。


トップへ戻る 次のページを見る