英語の勉強法は、楽しみながら1日10秒ずつでも続けること。勉強の仕方を難しく考えず、シンプルに捉えて、まずはチャレンジしてみましょう!

英語の勉強方法をレクチャー。勉強の最適なやり方は、費用対効果、興味(好き)、継続の3つを実践することです。

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP英語の勉強方法

英語の勉強の仕方

英語の勉強方法で重要なのが、費用対効果、興味、継続の3つだと言われています。費用対効果は、ちょっと小難しい表現ですが、要は短時間で最大の成果を発揮することです。家事で忙しい人や普段働いていて時間のない人には、もってこいの学習法です。通常、何も考えずに英語の勉強をしている人は、「学ぶ時間」ではなく「作業」になってしまいます。

作業とはノートをまとめたり、英単語や英文法をひたすら書き続けることです。つまり、記憶には残らず、覚えたことも跡形もなく消え去ってしまうのが最も陥ってはならない勉強法です。作業を本来の「勉強」に変えるには、英文を多く音読したり、映画やドラマのDVDをレンタルして、発音を真似てみたりすることに尽きます。なるべく多くのヒアリングをして声に出したり、慣用表現や長文読解の問題集を解いたりと、「物量をこなして実践すること」が英語の勉強には最も大切です。

また、嫌気が差したまま勉強すると、次第に脳が拒否反応を示してきます。そこで、次に必要になるのが「興味」です。好きこそ物の上手なれ、という諺がありますが、自分が「好きこと」を英語に絡めていくのが最も良い方法でしょう。もし、「自分の何が好き」かが分からないようであれば、「普段好みでしてること・趣味」を追求することから始めても良いと思います。youtubeでアニメを観るのが好きなら、英語バージョンのアニメを見たり、あるいは、英字の漫画を読んだり、といったように、自分の「好きな事」と関連付けらえるように工夫しましょう。

最後に継続です。最初に決めた目標は、なかなか長続きしないものです。そこで、継続するために1日10秒、20秒やろう!と決めることが重要です。毎日30秒勉強したとしても、それは、1日だけ集中的に5時間やるよりも、はるかに高い効果が期待できます。つまり、毎日、ちょっとずつでいいから、続けること。勉強の積み重ねこそが、英語力をアップさせる1番の秘訣です。

オンライン英会話と英語教材の違い

オンライン英会話は、発音やスピーキング中心なのに対し、英語教材はライティングやヒアリングの効果が得られます。また、オンラインでは講師とのワンツーマンレッスンで共に学べますが、英語教材は独学でコツコツと地道にやるといった違いがあります。

いずれも、スキル種別ごとに対応しているので、今、自分が何の能力(スキル)を優先的にアップさせたいか?を明確にすることが大事です。あれもこれもとバラバラにやっているうちに、何を目標としていたのか分からなくなり、横道に逸れてしまったのでは本末転倒。ですから、オンライン英会話を学んだり、英語教材を使う前に、目的意識をはっきりとさせてから勉強に望みましょう。

有料のサービスを活用しよう!

有料のサービスは、先程のオンライン英会話や英会話学校、教材CDやDVDなど種類が沢山あります。無料のテキストや、ネット上の情報でも勉強をできなくはありませんが、やはり、質は落ちてしまいます。

学習時間を効率化させるためにも、有料教材を使った方がスキルアップを目指せます。また、短期間での目標達成につなげるにも、「時間をお金で買う」という発想に切り替えましょう。お金を使わないということは、便利な時代に、自動車やテレビを使わないのと同じです。目的地に早く辿り着くために、必要な時はお金をつぎ込むことも大切です。

楽しめる英語スタディー

なかなか英語に興味を持てない人には、漫画やDVDで学ぶという勉強方法もあります。アメリカの漫画本は、英語で書かれていて楽しめますし、分からない箇所だけ調べてその場で覚えるというスタイルが良いでしょう。中には日本のコミックを英訳したマンガもあるので、上手に活用しましょう。

他にも、ニンテンドーDSや母国語のアメリカ映画、DVDも学習方法の1つ。映画は、誰でも手軽にレンタルもできますし、実践的です。任天堂DSのソフトは、アルクの10分間英語マスターや、えいご会話トレーニング「ききトレ」、英語が苦手な大人のDSトレーニング「えいご漬け」がその代表作。英単語の学習はもちろん、英語のヒアリング、ライティングにも活用できます。

日常会話の発音にも効果があるので、チャレンジしてみましょう。楽しめる英語学習を毎日少しずつ実践して、英語力をアップさせてください。


トップへ戻る 次のページを見る