英語教材選びは、質疑応答のできるipodやMP3の教材、長期間でじっくり学べるテキスト教材、一般的な価格の物を選択しましょう。

英語教材の選び方は、第1に継続、第2に手軽なものを優先!自分の能力に合った、妥当な価格の教材を選択を心がけることが大切です。

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP英語教材の選び方

英会話教材の選び方

英語教材の選び方は、継続できる教材を選ぶことが攻略の鍵を握っています。継続する教材には、以下のように大きく3つのポイントがあります。

@今の自分のレベルに合った教材を選ぶ、A面白い!楽しい!と思うテキストを最優先する、B能力アップを計りたい教材を選ぶ。

当然、自分のレベルに合ったテキストを選んでしまっても、途中で挫折してしまい、結局、長続きしません。反対に簡単すぎても、やりがいを感じられず、これも失敗の原因に繋がってしまいます。そこで、面白いと実感する教材、楽しみながら学べる教材を選ぶ必要があります。また、自分が伸ばしたい英語スキルを明確にすることです。目標でも受験や仕事でも同じですが、「英会話力をアップさせて、将来、どうなりたいか?」というビジョンをクリアにすることで、無理なく学び続けられます。

試験やテストのためであれば、テスト内容を把握した上で、リスニング、英単語、英文法、長文問題をテーマに沿って勉強する必要があります。ビジネス英会話の場合は、日常会話やビジネスシーンでよく使う会話が収録されたCDやDVD教材を活用すべきですし、TOEIC対策では、問題の解答用と本番用の問題集が必要になります。

また、社会人であれば、時間との調整になりますから、場所を選ばずに勉強できる英語教材を利用した方が良いでしょう。日常的に英会話を取り入れ、1日30分〜1時間ずつ、ipodやMP3プレーヤーで通勤時に聞くなどして対応しましょう。短時間でも効果的に学べる、持ち運びのできる教材が良いでしょう。

実際に使える具体的な英会話教材

次に、使える実践的な教材、長続きする教材は、実際にどのような物かを見ていきます。まずは、いつでもどんな場所でもサッと取り出せ、ロングスパンで続けられる手軽な教材が、選ぶ決め手になります。

かいつまんで言うと、以下の3パターンに分けられます。

  1. 質問や疑問に即答できる教材
  2. ある程度、長期間じっくりできる教材
  3. 予算に合った、平均的な値段の教材

いずれの項目も、相反する内容かもしれません。しかし、スピード・身につける能力・価格を考慮したとき、これらの3つは非常に重要です。質問や疑問が浮かんだ時に、すぐに情報を得られる質疑応答の教材は、多忙な人にとってはベスト。それに、思い浮かんだ時にすぐに学べるので、時間の軽減にもなります。携帯やメールを常用していれば理解できると思いますが、すぐに情報や答えを見出せる教材が良いでしょう。

長期間使える教材を選ぶのは、片手間では、絶対に英語をマスターできないという理由からです。「短期間ですぐに覚えられる!」といった安易な教材には手を出さないことが大切。単に楽をしながら学ぶ教材は、効果もそれだけ薄いものです。体に沁みこむぐらい、ある程度の期間を設けられた教材選びを心がけましょう。

最後は予算。極端に高い教材や、非常識なほど安い教材には手を出さないことです。「安かろう悪かろう」という諺があるように、格安教材には、薄っぺらい効果しかありません。目指す英会話力にもよりますが、やはり、本当に良い教材はある程度の値段がするものです。また反対に、高額すぎる教材は、長続きしない原因にもなりますので、なるべく避けましょう。妥当で平均的な価格の英語教材をいくつか平行して使えるのがベストでしょう。

このように、スピーディーに、長く使える教材が、最も優良な教材だと言えます。あとは、購入する際、販売サイトの説明や記載内容をよく読み、納得した上で選びましょう。自分の時間や生活にフィットした教材を見つけらるのであれば、決して後悔しない買い方ができるはずです。


トップへ戻る 次のページを見る