英語の勉強は文法が学習の仕方のメインとなっていますが、発音とリスニングを先に学ぶことで早く上達します。

英語学習は英文法を覚えるだけではありません。英会話教材比較ガイドで勉強法もチェック!

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP英語教材の用語集か行

用語集 か行

か行

・教育訓練給付金制度

雇用保険における給付金制度の1つ。労働者の主体的な能力開発を支援し、雇用の安定や再就職の促進を図ることを目的とする。初回に限り、被保険者期間が1年以上あれば、受給できる。現在、給付金の上限額は一律となり、最大10万円(20%)が支給される。

・グレッグ英文速記公式検定

アメリカ、グレッグ本部公式の認定資格。英語を正確にヒアリングし、スピーティーに書き取って書類作成を行う能力検定。レベルは4段階となっており、120W、100W、80W、60Wに区分される。合格ラインのエラー率は5%以下に留めなければならない。難易度が非常に高く、ハイレベルな英語力と速記技術が問われる。グレッグ英文速記公式検定の資格取得後は、通訳や外資系企業で活躍する者が多い。

・グループレッスン

グループレッスンは、英会話学校で行われるレッスン形態の1つ。講師1人に対し、複数人の生徒でレッスンが行われる。通常のグループレッスンの生徒数は、3人〜10人程度。レッスン料がマンツーマンよりも比較的に安く、4分の1前後に費用を抑えられる。生徒同士、友達と一緒に英会話できるのがメリット。

・ケンブリッジ英検

正式名称は、ケンブリッジ大学EFL英語検定試験。イギリスのケンブリッジ大学で開発された由緒正しき英語検定。現在、世界150ヶ国以上で受験され、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング等の能力が問われる。世界的に知名度が高く、総合的な英語力を測るには最適。日本国内でも受験できる。

・工業英検

工業英語の能力を判定する英語検定。文部科学省認定の資格。年に2回実施され、等級は1〜4級の4段階に区分されている。工業に関する知識や専門用語は勿論のこと、正確性のスキルが問われる。


トップへ戻る 次のページを見る