幼児英語では、英語特有の高周波数を持つ子音を聞き分けることが可能。10歳までに脳が作られる理由から早期教育が大切だと言われています。

子供英語教材を徹底解説。幼児英語教材では、アニメのキャラクターが出演する絵本、DVD、CD、カードゲーム、パズルが人気です!

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP幼児英語教材と子供英会話幼児英語教材の必要性と選び方

幼児の早期教育はなぜ必要?

幼児の早期教育は、幼児英語を筆頭に活発化しつつあります。幼児英語教育のニーズは、益々高まるばかりです。しかし、なぜ、0歳児からの英語教育が必要なのでしょうか?

音を聞き分ける脳の機能は、3歳児までの間に、およそ半分が発達すると言われています。絶対音感も10歳までにほぼ完成するわけですから、ネイティブ英語のリスニングは、9歳ぐらいまでに行うことが重要になってきます。

また、幼児は吸収のスピードが速く、記憶力が活発です。そのため、英語特有の子音や高い周波数も簡単に聞き取れてしまいます。幼児から英会話を始めることで、日本語の低い周波数だけではなく、欧米諸国の言語に見られる、高周波にも対応できるようになります。

つまり、幼少期の0才〜10才までに、英語の発音、リスニング力を身につけるのがベストです。英会話の聞き分けができる脳(土台)を作るためにも、早期教育をした方が望ましいと言えます。

幼児英語教材の種類と選び方

次に幼児の英語教材を見ていきたいと思います。幼児英語は、大人向けの教材とは異なり、発音やリスニングに重点を置いています。これも、耳(聴覚)と口からなるべく英語に触れる機会を多くするためです。

幼児英語教材の種類は、主に、音楽CD、DVD映像、カードリーダー(録音機器)、絵本、イラスト、クロスワードパズルなどがあります。種類も多岐に渡るため、どの教材を使ってよいか迷ってしまいがちです。

幼児英会話の教材の選び方は、まず、子供に実際に使ってもらい、反応を見るのが良いでしょう。大抵、どの教材も無料体験が可能ですから、一度、手にとったり、映像や音楽として流し、子供の適正や反応で判断しましょう。

子供にも好き嫌いがあって当然ですから、なるべく好きな教材を見つけて利用するのが賢い選び方だと言えます。

子供英語と小学生英語の違い、特徴

子供英語は、家庭内でできる教材やテキスト中心なのに対し、小学生英語ではスクールやオンライン英会話が主体になってきます。小学生にもなると、脳が完全に出来上がりますから、仕上げの段階に入ります。

小学生英語は、講師とのマンツーマンやグループレッスンで生の発音を聞き取りながら会話したり、教科書を使ってよりレベルの高い英文法を学びます。

子供英会話のスクールも少なからずありますが、一般的に費用が高く、英語の身につく能力にも疑問があります。そこで、小学生になり本格的に学べる状態になってから英会話学校に通うのが好ましいでしょう。


トップへ戻る 次のページを見る