英会話の基礎知識を徹底解説。まず自分の発音から学び、ネクストレベルとしてリスニング力アップが英語マスターへの近道です。

英会話の基礎知識は、英語特有の子音や周波数をカバーできる教材を選ぶことがポイントです。オンライン英会話では、講師のスキルや相性も確かめましょう。

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOP英会話の基礎知識

英会話の基礎知識

英会話の基礎知識と応用知識

英会話に関する基礎知識を、英会話をマスターした成功者の方法やノウハウを中心にご紹介します。

まず最初に、英語の学び方について説明します。もともと日本人は中学、高校、大学と10年間、英語を勉強していても、英語でのやりとりが出来ない民族だと言われています。その理由は、生きた英語を学んでいない、勉強方法が間違っているなど、様々な諸説があります。中でも重要なのは、簡単な英単語を聞き分けるヒアリングの能力(スキル)です。

英語には、日本語にはない独特の「周波数の子音」が含まれています。この英語に含まれる子音が聞き取れないために、日本人は自ら話せない、聞かれても正確な発音で答えられない、という現象が起こってしまいます。

短期間で英会話をマスターするには、リスニングと発音の強化が肝心です。リスニングにしても、「自分で発音できない言葉は聞き取れない」のが常識となっています。ですから、まずは正しく発音をできるようにスピーキングから入り、英語を話す機会を増やすことが大切です。

また、独学で英語教材で学ぶにしても、オンライン英会話で話すにしても、向き不向きの教材、講師やレッスンとの相性がありますから、自分が興味を持て、好きなジャンルの物から利用していきましょう。

発音とリスニング教材の比較


英会話教材とオンライン英会話の基礎知識

英会話教材の知識

次に、英会話教材を解説します。英会話教材には、リスニング、スピーキング、発音、ボキャブラリー(語彙力・英単語)、英文法、学習方法などの種類があります。他にも、英文ライティングや英語テスト問題集など、重点的に学べる教材もあり、幅広い分野に分かれています。このため、最初のスタートラインとして、明確な目標を定めて、「何のスキルをアップするか?」が非常に重要となります。

英語教材には、「誰を対象者とした教材か」といった対象レベルが、選ぶ時の重要ポイントになります。当然、これから英会話を学びたいという方には、初心者コースが向いてますし、TOEIC500点以上の方や中級者には、TOEIC対策中心の教材や、難易度の高いヒアリング能力をつけられる教材が必要になるでしょう。

また、教材を選ぶポイントとして、「楽しめる教材」や「勉強と遊びの垣根を取り払える教材」にウェイトを置くことが肝心です。あまり堅苦しくてなかなか勉強が進まない教材には、それだけ問題がありますし、簡単すぎて続かない!といったテキストやCDで学んでいては、時間をロスするだけです。ですから、自分の興味を持続させてくれる「映画やコミック中心の教材」や「自分の生活に密着したテキスト」を選ぶようにしましょう。ワクワクして楽しめる教材であれば、継続できますし、効率良く学べるはずです。

英語教材の比較

オンライン英会話の知識

オンライン英会話も、最近では増加傾向にあります。最もポピュラーなのは、フィリピン人講師が在籍する「オンライン英会話スクール」です。

オンライン英会話の知識としては、レッスン体系が「マンツーマンレッスン」の学校が多いという点です。英会話の基礎知識でも述べたように、英語は自分で正しい発音ができるようになることが最も重要です。正しい発音スキルを身に付けるためには、相手と会話しながら英語に慣れ、間違っていたら正してくれる講師がいることが1つのポイントとなります。

これらの点から、オンライン英会話では、講師を選べる専属担任制、講師のスキル、料金(予算)、発音とヒアリングに重点を置いたテキストの使用などが見極める要素となります。このオンライン英会話に入校するの注意点は、以下のページにも紹介してあるので、ご参考にどうぞ。

オンライン英会話の選び方


ビジネス英語の基礎知識

ビジネス英会話の学び方

ビジネス英語の基礎知識として、中学生や高校生レベルの簡単な日常会話を、何度も反復することがポイントです。一般の英会話でも同じですが、常日頃、使われている会話には、意外と、「簡単な単語」が多く含まれているケースがあります。

当然、ビジネスシーンで用いる専門用語や難易度の高い慣用表現もありますが、最低限、取引や商談に必要な会話力を身に付けることが最優先です。ヒアリングとスピーキングを磨くために、重点的な教材で学習するのが好ましいでしょう。

また、社会人には「使える時間が限られている」という現実があります。ちょっとした空き時間や通勤時にでも、聞いたり開いたり出来る教材を選ぶことも大切です。特に、電子辞書やipod教材は、日常会話でも使えますから、調べたい時にすぐに開けるテキストやMP3ファイルに保管しておくのが良いでしょう。

ビジネス英語については、以下のページにも教材や英会話を紹介しています。ビジネスシーンや仕事先で実力を発揮できる、継続的な教材を選びましょう!

ビジネス英語教材の比較


トップへ戻る 次のページを見る