TOEIC対策(R)テストマラソンは、TOEIC350点未満、英検3級以下から、TOEIC800点以上を対象にしたスコア別に学習できるTOEIC教材です。

TOEIC対策(R)テストマラソンのTOEIC対策の教材は、スタンダードコースと、テクニックコースに分類され、さらに目指すスコアによって7コースが用意されています。

英会話教材比較ガイド。オンライン英会話・英語教材を楽々比較! 英会話教材比較ガイド/TOPTOEIC教材の比較TOEICマラソン

TOEIC対策(R)テストマラソンの英会話教材

TOEICマラソンは、TOEICテスト超入門マラソン、470点入門マラソン、650点突破マラソン、800点攻略マラソンなど、全7コースに細分化されている英語教材です。目標点数に応じてテスト対策を選べるので、そのスコアアップに最適な学習課題を提示してくれています。

学習期間の目安としては、3〜5カ月間。英会話教材大手のアルクなので、質の高さが際立っています。超入門マラソンでは、入門しやすいように、B5半分の大きさのテキストにするなど、ボリュームを薄く達成しやすく設定。1日15分、週3日の学習と週末のカンタンな復習で、英語の苦手意識を払拭してくれます。

470点入門マラソンでは、旅行や食事といった日常生活から、経済やビジネスといった幅広いトピックスで、TOEICに英語を学習できます。カリキュラムは1日30〜40分、週4日程度。聴くこと(=リスニング)中心の教材なので、知っているはずの単語や表現を、音として聞き分ける練習が行えます。知っている英単語を分かるようになるトレーニングで、効率的にスコアアップを目指せます。

650点突破マラソンは、英語をすばやく理解できる3つのトレーニング方法が特徴。英語を日本語に訳す時間を短縮し、「読み・書き・聞き・口に出す」の順番で行うトレーニングで、速解力を養えます。また、When(時)とWhere(場所)を聞き取る問題を多くこなすことで正解率をアップさせる「2Wトレーニング」、新聞記事、手紙、Eメールなどの定型文のテンプレート(雛形)を楽しく覚えることで読解力が身につく「定型文トレーニング」など、ディクテーション(書き取り)をするなどして、ゲーム感覚でスコアアップにつながります。

800点攻略マラソンでは、ビジネスでのトラブルにも的確に対処できるよう、基礎力と実践力と幅広くカバー。特に、パート3、4、7の長文のリーディングとリスニングのトレーニング強化が図れます。800点をクリアするための基盤作りと、長文対応力を養えるカリキュラムが中心のTOEIC教材です。

これらの教材は、テキストブック、CD、ワードブック、チェックテスト、リーダーズ、プライマリーテスト、マンスリーテスト、ファイナルテストなどで構成。4、5ヵ月後には、目指すスコアレベルに到達できるよう、カリキュラムが組まれています。

このほか、奪取550点 TOEIC(R)テスト解答テクニック講座、奪取730点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム、挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムもあり、掲げるスコア別にレベルアップが可能です。

アルクのTOEIC教材は、全体的にクオリティーが高く、TOEIC問題を楽しめるよう制作されています。目標の点数にとどまらず、さらにハイスコアを目指される方に、オススメです!TOEIC対策のテクニック習得はもちろん、効率よく学習するためにもチャレンジしてみましょう。

TOEICマラソンの英語教材比較

TOEICテストマラソンの詳細

TOEIC(R)テスト超入門キット 価格 19,845円〜45,000円
身につく能力 TOEICスコアアップ、リスニング、リーディング等
特徴 充実した7コースで飽きずに続けられるTOEIC対策、解答テクニックが満載
対象者 TOEIC350点未満〜TOEIC800点以上
登録ページ アルク「TOEIC対策(R)テスト」シリーズ

トップへ戻る